トップ > お悩み別メニュー >小顔輪郭形成 (エラボトックス)

エラボトックス (小顔輪郭形成)

エラボトックスとは

「エラが張っているのは、骨を削らないと治せない」と思われている方もいらっしゃいます。
しかし、実は「筋肉」の過剰な発達が原因である場合が多く、エラ削りなどの大掛かりな手術をしなくても、ボトックス注入(注射)でエラの張りを改善することで、小顔に見せることが可能です。

エラボトックスはこのような方におすすめ

エラボトックスの効果と特徴

アラガン社ボトックスビスタ®

エラボトックスの痛みについて

マイクロ注射針

  • 東京美容皮膚科クリニックでアラガン社のボトックスを使用しております。
  • 当院ではマイクロ注射針という極細針を使用しています。

    以前までボトックスは30G(ゲージ)という針を使用していましたが、現在は、更にそれよりも細い31G、34G(部位によって異なる)のマイクロ注射針を使用しています。

    マイクロ注射針を使用することによって、痛みの軽減や内出血のリスクを抑えることができます。

エラボトックスの症例

エラボトックスのリスク・ダウンタイム・注意点

ダウンタイム・リスク(副作用)がほぼない治療ですが、下記の症状が起こりうる場合があります。

痛み 注入時
薬液がしみるような痛みがあります。
刺入部の赤み 直後
激細針を使用する為、すぐにおさまります。
内出血 翌日~約1週間程度
お化粧で隠せる程度。
頭痛・吐き気 1〜2日程度
ほぼありませんが日常生活に支障ない程度。
筋肉の部分的な脱力感 翌日〜約1週間程度
日常生活に支障がない程度。

・メイクは注入後10分程時間を空けて頂いてから可能です。

・施術当日からシャワー洗顔は可能です。

・施術当日〜2日後までは激しい運動、サウナ、入浴、飲酒は控えてください。

・直後のマッサージも控えてください。

エラボトックスのよくある質問

副作用やアレルギーはありますか?
副作用は稀ですが、ボトックスを大量に注入したり間隔を頻回に注入することによって抗体を産生しボトックスが効きづらくなることがあります。
稀に頭痛が出ることがありますが一過性のものです。 アレルギーは薬剤である以上起こりうる可能性がありますが、ボトックスは安全性が高く非常に稀です。
小顔効果にBNLSとボトックスはどちらが効果的ですか?
BNLSとは脂肪溶解注射と呼ばれるもので、フェイスラインや頬などの脂肪に対して治療していくものです。
ボトックスはエラの筋肉を収縮し小さくすることで、エラがシャープになる効果が期待できます。
日常生活に支障をきたすことはありますか?
ありません。
1週間程度、硬いものが噛みづらくなる可能性がありますが、違和感はほぼ無い程度です。
噛むとエラが不自然に膨らむことありますか?
筋肉の一部のみに注射の効果が出てしまうと、噛んだ時に効いていない部分だけが盛り上がって見える事があります。
このような場合は、効果の乏しい部分に再注入することで改善します。
エラにボトックスを注入することによってどのようなリスクがありますか?
ボトックスを長期間注入し続けると筋肉が薄くなり皮膚がたるむ可能性があります。
東京美容皮膚科クリニックではこのようなリスクを抑えるために医師が診察し適正な量、期間で注入していきます。

エラボトックス施術 料金【税抜き価格】

※ 男性料金は20%増しとなります。

エラ ボトックス ¥50,000
アゴ ボトックス ¥20,000
アゴ ヒアルロン酸 ¥50,000
ページのトップへ戻る