トップ > 施術別メニュー > Q-Nd:YAGレーザー

Q-Nd:YAGレーザー

Q-Nd:YAGレーザーとは

 

メドライトC6

QスイッチYAGレーザーの中で、国内外で高い信頼を得ているゴールドスタンダードな治療機器です。

メドライトC6は1064nmと532nmの2つの波長を搭載し、症状に応じて使い分けることにより、幅広い適応に対応します。

1064nmはメラニン色素に穏やかに吸収され、深いターゲットに対して効率よく作用します。
主に、深在性色素斑・刺青・タトゥー治療に使用します。

532nmは、メラニン色素への吸収が非常に高く、浅いターゲットに対して効率よく作用します。
主に表在性色素斑・老人性色素斑等のしみ治療や1064㎚では反応しずらい赤系の色素の入った刺青・タトゥー治療に使用します。

メドライトC6は、従来のガウシアン型とは違い、独自の技術によりエネルギー密度が均一なトップハット型を実現しました。

均一でムラの少ない照射により、術後治癒が早く副作用を抑えた治療を可能にしました。

当院のメドライトC6は、刺青・タトゥー除去用にあえてガウシアン型にカスタマイズ(より深いタトゥー色素へ作用するように)しています。

 

メドライトC6による適応施術

① タトゥー・刺青除去
② 老人性色素斑(しみ)
③ 雀卵斑(そばかす)
④ 肝斑
⑤ 脂漏性角化症
⑥ ADM(後天性メラノサイトーシス)

 

① タトゥー・刺青除去

東京美容皮膚科クリニックでは、メドライトC6は主に刺青・タトゥー除去治療の初期段階に使用します。
まず、大きな色素をメドライトC6(ナノレーザー)で大まかに砕き、その後ピコレーザーでさらに細かくする方法が最適だと考えます。

② 老人性色素斑(しみ)

局限した老人性色素斑(しみ)に対して治療します。
主に532㎚の波長で照射を行います。
反応した部分は、その後カサブタを形成していきます。
最低でも1週間は必ず絆創膏貼っていただきます。

③ 雀卵斑(そばかす)

東京美容皮膚科クリニックでは、そばかすの治療として、主にフォトRF(SRA)が第一選択の治療となります。

④ 肝斑

東京美容皮膚科クリニックのメドライトC6は、刺青・タトゥー除去治療用に、ガウシアン型へカスタマイズしておりますので、肝斑治療(レーザートーニング)には適しておりません。

⑤ 脂漏性角化症

いぼや黒子の治療でも使用するCO2レーザーが適応となります。

⑥ ADM(後天性メラノサイトーシス)

東京美容皮膚科クリニックでの治療は行っておりません。

 

YAGレーザーにおけるタトゥーレーザー除去治療のリスク・ダウンタイム

痛み 照射時
麻酔テープ、クリームの使用で軽減します。
照射直前にも冷却することでさらに緩和します。
軽度の出血 直後〜約3日程度
水疱 翌日〜約1週間程度
大きい水疱ができないよう疎らに照射しています。
瘡蓋 翌日〜約1週間程度
色素沈着 最終治療日から半年〜2年かけて消失
色素脱失 脱失しないように、照射していきますが、水色や赤のTATTOOインクの場合、脱失する可能性があります。
ケロイド(瘢痕) 当院での症例はありません。

 

YAGレーザーにおけるシミ治療のリスク・ダウンタイム

内出血 当日〜約2週間程度
基本的にはありませんが、皮膚の薄い部分のシミの場合、起こることがあります。
お化粧で隠せる程度です。
熱感・ひりつき 直後〜約3日程度
水疱 約1時間程度
自然におさまります。
瘡蓋 翌日〜約1週間程度
色素沈着 約3〜6ヶ月
刺激を与えず、日焼けに注意し、自然軽減するのを待っていただきます。

 

 

03-5777-0038
受付時間10:00〜19:00 定休日:日曜祝日

 

ページのトップへ戻る