トップ > 美容医療用語集 > タイタン

美容医療用語

タイタン

タイタンはメスを使わず、経皮的照射による熱作用でリフトアップを行うたるみ治療器です。

近赤外線の熱により真皮層を活性化し、コラーゲン線維を長期的に生成します。

タイタンの近赤外線光は1100-1800nmの幅広い波長を持ち、真皮中層から深層の水分を若返りに効果的な55〜60℃に加熱することにより、即時的なコラーゲン線維の収縮を促し、引き締め効果を発揮します。

即時効果として施術直後~3週間程度、真皮のコラーゲン線維が熱反応で結び付き、収縮することでリフトアップ効果が出現します。

遅延効果としては、施術1カ月後から約半年間、コラーゲン線維の新生が続くため、長期間高い引き締め効果が得られます。

特に緩みがちなフェイスラインやブルドック状にたるんだ頬、年輪のように段々になった首のタイトニング治療として選択されることが多く、たるみが解消されます。

タイタンのハンドピースは熱を与える直前直後に冷却し、表皮のダメージを防ぐ安全なリフトアップ治療機です。

施術中軽い熱感がありますが痛みなどもほとんどなく、施術後メイクも可能なノーダウンタイム治療です。

エンディメッドプロ リファームST

 

 

 
03-5777-0038
受付時間10:00〜19:00 定休日:日曜祝日

 

ページのトップへ戻る