トップ > 美容医療用語集 > 紫外線反射剤

美容医療用語

紫外線反射剤

皮膚表面で紫外線をさまざまな方向に反射して皮膚内部に入るのを防御する目的で用いられる成分をいいます。

主に酸化チタンと酸化亜鉛の超微粒子が用いられます。

紫外線反射剤の長所は、反射剤には防御作用に衰えが無いという点と、配合量を多くしても皮膚への刺激など、安全性が低くなることはないので、配合量に規制がありません。

また、皮膚へ浸透したり、働きかけるといった活性が少なく、安全性が高いです。

Jメックプラスリストア セルニューUV50

 

 

 
03-5777-0038
受付時間10:00〜19:00 定休日:日曜祝日

 

ページのトップへ戻る