トップ > 美容医療用語集 > サクラン

美容医療用語

サクラン

日本固有種の水前寺海苔(スイゼンジノリ)から発見された多糖類で天然物質では最大級といわれる巨大分子で、同じ多糖類のヒアルロン酸と比較すると、純水では約5倍、塩水では約10倍の保水力を持ちます。

またヒアルロン酸の80倍の粘性を示すほか、触れた瞬間に粘度が上昇する逆チキソトロピーという性質を有しており、化粧品などに配合されると肌に載せた瞬間にしっかりとしたつけ心地が実感できます。

現在、化粧品原料としてだけでなく、医薬品、工業材料などへの応用も期待されています。

 

 

 
03-5777-0038
受付時間10:00〜19:00 定休日:日曜祝日

 

ページのトップへ戻る