トップ > 美容医療用語集 > ラジカル

美容医療用語

ラジカル

もともとは原子団や官能基<かんのうき>の意味で使われることが多かったですが、現在では遊離基<フリーラジカル>の意味として使うことが多いです。

フリーラジカルとは対<ペア>になっていない電子をもっている原子や分子のことです。

すなわち、フリーラジカルは安定で、反応性が高く、そばにあるほかの分子と反応して、それを酸化させてしまう性質があります。スーパーオキシドラジカルやヒドロキシラジカルなどの活性酸素をつくりやすいです。

 

 

 
03-5777-0038
受付時間10:00〜19:00 定休日:日曜祝日

 

ページのトップへ戻る