トップ > 美容医療用語集 > ニキビ(尋常性挫創)・(膿疱性挫創)

美容医療用語

ニキビ(尋常性挫創)・(膿疱性挫創)

尋常性挫創またはアクネブルガリスともいいます。

原因は、毛孔の口の部分の角質が厚くなり、毛孔を狭くしたり塞いだりして、皮脂が円滑に皮膚表面に流れ出るのを妨げられることによります。

その結果、皮脂を毛孔につまらせてしまうことになります。

一般には脂性の皮膚にできやすいのですが、大人のニキビでは乾性の皮膚にできることもあります。

ニキビが出来やすい毛包は、毛髪が皮膚表面に頭を出しておらず、そのため皮脂が表面にまで円滑に上がってこれない、ウブ毛状の短い毛髪のある毛孔にできやすいようです。

毛孔にたまった皮脂を餌にして増殖する俗にニキビ菌の存在も無視できません。

この菌が脂肪を分解する酵素(リパーゼ)を産生します。

リパーゼは中性脂肪をグリセリンと遊離脂肪酸に分解します。

この遊離脂肪酸によって毛孔が刺激され、角質が厚くなり、炎症がおきてきます。

ニキビの初期症状は微小面皰から始まります。

これが次第に大きくなって、肉眼でも分かる面皰になります。面皰には黒色面皰、白色面皰があります。

これを放置していると、やがて炎症をともなった赤いブツになります。

この状態が挫創です。そしてこれらに化膿菌が付着して増殖すると、化膿した赤ニキビ状態になります。

サリチル酸マクロゴールピーリング フラクショナルCO2レーザー

 

 

 
03-5777-0038
受付時間10:00〜19:00 定休日:日曜祝日

 

ページのトップへ戻る