トップ > 美容医療用語集 > マクロファージ

美容医療用語

マクロファージ

白血球の一種で、抗原を取り込んで、その情報をリンパ球に伝えます。

偽足<ぎそく>を使ってアメーバのような動きをする直径15〜20マイクロメートル(1マイクロメートル<μm>は1000分の1ミリメートル)の大型白血球のことで、体内に入って来たウイルス、ほこり、また自分の体の老廃物などを攻撃し、食べてしまいます。

免疫作用の最前線にいる細胞で、肺臓、脾臓、肝臓などに住みついているものと、血液中に混じって体内をパトロールするものがあります。

マクロファージが異物と出会うと、アメーバのように偽足を出して異物を中に取り込み、それを酵素などで化学的に消化します。

このように異物をパクパク食べる様子から、貪食<どんしょく>細胞とか大食細胞とも呼ばれています。

 

 

 
03-5777-0038
受付時間10:00〜19:00 定休日:日曜祝日

 

ページのトップへ戻る