トップ > 美容医療用語集 > ケミカルピーリング

美容医療用語

ケミカルピーリング

アルファヒドロキシ酸(AHAと略称します)などの化学物質を用いて古い角質を取り除く美容法のことです。

直訳は、「化学的に剥ぎ取る」という意味で、分かりやすくまとめると「化学的な方法で、古くなった角質を除くこと」です。

ケミカルピーリングによって、古い角質ごとくすみの原因になっているメラニン色素や、肌のザラつきをつくっているキメの乱れや角栓(毛穴に詰まった角質)を取り除き、明るくツルツルの肌が生まれます。

AHAにはグリコール酸、乳酸、クエン酸などがあり、これらは果物にも多く含まれるので、フルーツ酸と呼ばれることもあります。

これらのAHAは、角質細胞同士の接着を弱くして、角質細胞を自然に上から順次剥がして、下にある新しい角質細胞を表面に促す働きをします。

サリチル酸マクロゴールピーリング

 

 

 
03-5777-0038
受付時間10:00〜19:00 定休日:日曜祝日

 

ページのトップへ戻る