トップ > 美容医療用語集 > 角栓

美容医療用語

角栓

毛孔が角質で栓をしたような状態になって塞がることです。

毛孔の口の部分は漏斗のような形をしており、毛漏斗と呼ばれています。

一方では、皮脂がアクネ菌が放出するリパーゼという脂肪を分解する酵素によって分解され、刺激性の脂肪酸に変身していきます。

そして、この刺激性の脂肪酸が毛漏斗を通るとき、毛漏斗の下部辺りの角質層を刺激します。

このようなことが反復して起こるので、角質層がだんだん肥厚して毛孔を塞ぐようになるのです。

当然毛孔が塞がれ皮脂や刺激性の脂肪酸が皮膚表面に出られず、毛孔につまります。

その結果、肌がザラザラしたり、ニキビができたりします。

サリチル酸マクロゴールピーリング

 

 

 
03-5777-0038
受付時間10:00〜19:00 定休日:日曜祝日

 

ページのトップへ戻る