トップ > 美容医療用語集 > 医薬部外品

美容医療用語

医薬部外品

現在薬事法で取り上げられている製品分類法の一つです。

簡単に言うと医薬品と化粧品の中間に位置する製品です。

効能・効果の表現において、医薬部外品には化粧品にない有用性が認められています。

表現内容も予防または防止という範囲を越えていないが、ややハードなニュアンスを感じさせる表現が認められることが多いです。

医薬部外品には、化粧品に配合が認められていない原料、成分の配合が認められています。

薬事法の規定により、医薬部外品の容器には「医薬部外品」の文字を必ず記載しなくてはなりません。

 

 

 
03-5777-0038
受付時間10:00〜19:00 定休日:日曜祝日

 

ページのトップへ戻る