トップ > 美容医療用語集 > フェイスリフト

美容医療用語

フェイスリフト

フェイスリフトとは、加齢により皮膚の柔軟性や筋肉の張りが弱まり、しわやたるみが増える変化を修正し、若かった頃のフェイスラインを取り戻す外科手術です。

フェイスリフトにはさまざまな種類があり、手術の範囲や切開位置は執刀医により異なります。

一般的な手術は、髪の生え際や耳の周りなどの傷が目立たないところを切開し、緩んだ皮膚や筋肉、筋腱膜(SMAS筋層)を一緒に引っ張り上げて固定します。

もともと、顔の皮膚は、顔の靭帯であるリガメントという強固な線維組織により固定されています。

リガメント(靭帯)とは、顔の皮膚を骨に固定している線維組織で、耳下腺の前縁と咬筋の前縁、頬骨の前方外側の限られた部分にあります。

リガメントのある部分は、リガメントが骨に皮膚を強く固定しているためたるみにくく、リガメントのない部分の皮膚は土台となる組織との癒着が弱く、垂れ下がりやすくなります。

リガメントを切断し、顔の皮膚や筋膜(SMAS)を引き上げて行うフェイスリフトをリガメント法といい、リガメントを引き上げた後、リガメントをアンカーとして皮膚、筋膜(SMAS)を固定する方法です。

このとき、皮膚の土台となっている筋肉や筋膜(SMAS)まで引き上げ、余った皮膚を切除して縫い合わせます。

フェイスリフトの手術は非常に効果が高いですが、術後のダウンタイムや、瘢痕形成、顔面神経麻痺など合併症のリスクもあり、手術を検討する際に不安も生まれてしまいます。

そのため最近では、切らないリフトアップ治療が注目されおり、ウルセラやスレッドリフトはその中でも代表的な治療の一つです。

ウルセラは、今までメスなしにケア出来なかったSMAS筋を収縮し、安全かつ効果的なリフトアップ治療器です。

スレッドリフトは様々な種類がありますが、最近では髪の毛よりも細い極細吸収糸が装着された特殊な針を皮下に挿入し、糸のみを皮下に残し、吸収性の糸は少しずつ吸収される過程で、結果的に糸の形状でコラーゲン線維に置き換わっていく安全なものもあります。

挿入した糸が溶けてなくなるまで皮下組織に刺激を与え続け長期的なコラーゲン線維生成によるたるみ、はり、肌質改善も期待できます。

 

 

 
03-5777-0038
受付時間10:00〜19:00 定休日:日曜祝日

 

ページのトップへ戻る