トップ > 美容医療用語集 > ビタミンB2

美容医療用語

ビタミンB2

ビタミンB2 は、ラクトフラビンとも呼ばれ、水溶性ビタミンに分類される生理活性物質です。

美容ビタミンといわれる程、美容と関係が深く、健康的なお肌を作るのに欠かせない栄養素です。

皮膚や各器官の粘膜を正常に保ち健康な肌や髪、爪を作り成長を促します。

生体内においてはエネルギー源(糖質・脂質・たんぱく質)の代謝に補酵素として関与し、特に脂質の代謝に深く関わるためダイエットの際にも欠かせない栄養素です。

また、老化を促進させる過酸化脂質の分解を促進し、生活習慣病の予防・改善に役立ちます。

ビタミンB2が不足すると、脂質の代謝が滞り、皮膚の場合は、脂性肌、ニキビ、脂漏性皮膚炎などの症状が現れ、舌炎や口唇炎、口角炎など粘膜のトラブルも生じやすくなります。

また、結膜炎、目の充血、眼精疲労などの眼症状が現れます。

過度な運動などエネルギーをたくさん使ったときや、夜更かしや飲酒、ストレス、日焼けしたときは普段よりも多量に消費されるため、注意が必要です。

ビタミンB2は、腸内細菌によって体内でも合成されますが、水溶性のため体内に蓄積しておくことができませんので、毎日摂取することが大切です。

主に動物性の食品(レバーやうなぎに多い)に多く含まれますが、植物性食品の納豆にも多く含まれています。

これは、納豆菌がビタミンB2を作り出しているからです。

また、牛乳や乳製品、卵も効率の良い摂取源です。

美容のビタミンといわれるビタミンB2は、よくお酒を飲む方やストレスの多い生活をしている人はサプリメントなどを利用して積極的に摂り入れたい成分です。

 

 

 
03-5777-0038
受付時間10:00〜19:00 定休日:日曜祝日

 

ページのトップへ戻る