トップ > 美容医療用語集 > アクネ菌

美容医療用語

アクネ菌

毛孔(毛包管)の中には数種類の常在菌(ある場所に常に生息している菌)がみられます。

その一つがニキビの悪化と関係の深いP.アクネス(プロピオニ・バクテリウム・アクネスの略)という嫌気性菌です。

空気(酸素)の届きにくい毛孔の中の部分に生息している菌でこの菌は、リパーゼという脂肪を分解する酵素を生産します。

そして、皮脂成分中の中性脂肪を分解して遊離脂肪酸を発生します。

この遊離脂肪酸が毛孔(毛包壁)を刺激して、毛孔の角化や炎症の発生につながり、ニキビを形成します。

サリチル酸マクロゴールピーリング フラクショナルCO2レーザー

 

 

 
03-5777-0038
受付時間10:00〜19:00 定休日:日曜祝日

 

ページのトップへ戻る