トップ > 美容医療用語集 > 腋臭症(わきが・ワキガ)

美容医療用語

腋臭症(わきが・ワキガ)

俗に「わきが」といわれるものです。

原因はアポクリン腺の分泌物が臭うと思っている人が多いようですが、そうではありません。

アポクリン腺から分泌された直後の分泌液はほとんど臭わないといわれます。

しかし、分泌液をしばらく皮膚表面においておくと臭いを発するようになります。

アポクリン腺からの分泌液が、皮膚表面の常在細菌によって分解され、独特の刺激臭のある物質に変わるからです。

この臭い物質の犯人は、アポクリン汗に含まれている皮脂成分のうち、炭素数の少ない脂肪酸の酪酸、カプロン酸、カプリル酸とされています。

これらは揮発性で、さらにアポクリン汗に含まれる成分のアンモニアが加わって独特な臭いになるといわれます。

また、脇の下から尿のような臭いのする性ホルモンの揮発性ステロイドが認められ、これも関係するのではないかと言われます。

わきがを防ぐには、脇の下を常に清潔に保ち、雑菌の繁殖を抑えることです。

同時に脇の下は風通しが悪く、湿っているので、風通しの良い衣服を着用して、できるだけ乾燥状態にしておくことなどです。

皮膚刺激の少ない殺菌剤が配合されたボディパウダーを散布しておくこともよいでしょう。

ワキボトックス

 

 

 
03-5777-0038
受付時間10:00〜19:00 定休日:日曜祝日

 

ページのトップへ戻る