トップ > 美容医療用語集 > ターンオーバー

美容医療用語

ターンオーバー

ターンオーバーとは、表皮の角質細胞の入れ替わりのことです。

その周期は基底細胞で作られた新しいケラチノサイトが角質細胞に分化するまでに約14日間、角質細胞が皮膚内部を保護する働きを終えてはがれていくまでにさらに14日間、合計28日間で、約1ヶ月かかるといわれています。

この過程を表皮のターンオーバーといいます。

正常な皮膚においては、表皮のターンオーバーが早すぎても遅すぎても不都合が生じます。

ターンオーバーが速すぎると、正常な角化が行われず、自然保湿因子や角質細胞間脂質がまともにつくられなくなります。

結果として肌の防御機能が悪くなり、水分がどんどん外気中に逃げていきます。

そのため乾燥肌や荒れ肌になり易くなります。

核はまだ残っており、角化が十分行われていないことが分かります。

逆にターンオーバーが遅くなると、剥がれるはずの角質細胞が剥がれ落ちないため、角質は厚くなって硬くなり、透明感もなくなり、くすんだ肌になります。

サリチル酸マクロゴールピーリング フラクショナルCO2レーザー

 

 

 
03-5777-0038
受付時間10:00〜19:00 定休日:日曜祝日

 

ページのトップへ戻る