トップ > 美容医療用語集 > スマスアップ(SMAS-up)

美容医療用語

スマスアップ(SMAS-up)

スマスアップ(SMAS-up)は、イスラエルのPollogen社が開発した『たるみ治療機器』です。

スマスアップに搭載されているRF(高周波)は皮膚を引き締める熱エネルギーで、Tripollar(トリポーラ)と呼ばれる3つの電極が交換しながら作用する強力なRFです。

有効な熱エネルギーを皮膚深部に届けて、コラーゲン線維が即時的に結びつくことによるタイトニングと、線維芽細胞を活性化し長期的にコラーゲン線維の新生を促すことによる若返り効果があります。

また、DMA(局所電気刺激)が筋肉層に作用して加齢によって弱った筋肉を活性化させ、筋肉レベルからたるみを引き締めます。

さらに、ハンドピースを押し付ける圧力により脂肪が物理的に下部へ押し付けられる外的作用とDMAが直下の筋肉層に作用し、筋肉を隆起させることで皮下組織も上部へ引き上げられる内的作用により、老廃物や脂質の除去作用(デトックス)が促進されます。

RFとDMAのダブルの効果で、顔のたるみ・部分痩身にスピーディかつ即時的に効かせます。

スマスアップは、3種類のサイズの異なるハンドピースが備え付けられているため、頬~首・目元・ボディなど全身のあらゆる部位への施術が可能です。

 

 

 
03-5777-0038
受付時間10:00〜19:00 定休日:日曜祝日

 

ページのトップへ戻る