トップ > 美容医療用語集 > スカーレットRF

美容医療用語

スカーレットRF

スカーレットRFは、針刺激による創傷治癒効果と高周波(RF)の熱効果を融合させた最新式リフトアップ治療器です。

スカーレットRFは真皮内で25本の針電極から直接RFを発生させ照射します。

施術の深さは0.5〜3.5ミリ、表皮はもちろん、真皮から皮下組織上層までの広範囲深部照射が可能です。

先発品のイントラセルは、針の先端から0.3mmというごく狭い範囲のみRFが照射されるのに対し、スカーレットRFは針全体から広範囲にRFが照射されますので、より高いRFによるトリートメント効果があり、少ない施術で高い効果が得られます。

また、イントラセルよりも痛みの少ない設計のため、患者様のご負担も軽くトライしやすい治療器です。

既存の経皮的RF照射と比較して、スカーレットRFはコラーゲン密度の増加が格段にアップし、毛穴、小じわ、ニキビ跡、たるみ治療に最適です。

今までのレーザー治療では難しかった、頭皮、まぶた、目周り、口周りにも照射可能で、頭皮から顔全体、首までトータルなタイトニングができます。

スカーレットRFはショックフリーニードルテクノロジーを用いた高度な制御で痛みが少なく、ダウンタイムも短縮され、出血、副反応も最小限なので、ダウンタイムも比較的短いです。最新式はスカーレットSにバージョンアップしております。

スカーレットS

 

 

 
03-5777-0038
受付時間10:00〜19:00 定休日:日曜祝日

 

ページのトップへ戻る