トップ > 美容医療用語集 > 雀卵斑(じゃくらんはん)・そばかす

美容医療用語

雀卵斑(じゃくらんはん)・そばかす

すずめの卵の殻表面に見られる褐色の斑点模様に似ているところから、雀卵斑と呼ばれます。

これは先天性の遺伝的な色素沈着と考えられていますが、遺伝形式ははっきりしていないようです。

そばかすは頬や鼻を中心に顔にできる、小さな淡い褐色から黒褐色の色素斑で、形は整っておらず、ほぼ円形に近く、数はたくさんみられます。

色白の女性にできることが多く、5~6歳くらいからあらわれてきて、思春期頃に一番はっきりと目立ち、周囲の皮膚とはっきりした境界が見られます。

ある限られた部分の色素ははっきりしていますが、周囲に向かうにつれて、色は淡くなって拡がっていきます。

そばかすは遺伝的な要素が強いので、シミと違って、手入れで薄くなってもまた再発しがちです。

雀卵斑も肝斑と同様に、やはり紫外線を含む日光を肌に当てないことが大切です。

フォトRF SRA

 

 

 
03-5777-0038
受付時間10:00〜19:00 定休日:日曜祝日

 

ページのトップへ戻る