トップ > 美容医療用語集 > 脂肪細胞

美容医療用語

脂肪細胞

脂肪を溜め込む単肪性の「白色細胞」と、脂肪を燃焼させる多肪性の「褐色細胞」の2種類があり、それぞれ正反対の働きをします。

一般的に脂肪細胞とは白色細胞を指すことが多く、全身のいたるところで余剰エネルギーを中性脂肪として蓄えています。

特に下腹部、お尻、太もも、背中、腕の上部、内臓の回りなどに多く存在します。

一方、褐色細胞は、余分な脂肪を分解して熱を生産し、エネルギーを消費する作用があり、首や肩甲骨のまわりなど体のごく一部にしか存在していません。

乳幼児には比較的多いと言われていますが、成長するにつれて減少していきます。

クールスカルプティング

 

 

 
03-5777-0038
受付時間10:00〜19:00 定休日:日曜祝日

 

ページのトップへ戻る