トップ > 美容医療用語集 > サーマクール

美容医療用語

サーマクール

2002年にアメリカのThermage社が開発した医療機器で、高周波(RF)によって、肌のたるみを引き締めます。

これにより、メスを使わないたるみ治療が可能となり、美容医療に大きな革命を起こしました。

サーマクールは、電気エネルギーの一種である高周波(RF)を真皮から皮下組織まで行き届けることで、「縦方向」「横方向」「奥行き」の3次元から引き締めてたるみを改善する機械です。

皮下組織のコラーゲン線維が加熱により収縮することで、照射直後から引き締め効果がおこり、さらに1ヶ月ほどかけてさらに引き締まります。

肌のハリ感がアップし、美肌効果の実感もできます。

さらに線維芽細胞の活性化により、持続的にコラーゲン線維の生成が続くため、約3~6か月間にわたりリフトアップ効果が得られると言われています。

照射時には、冷却保護システムにより、照射前、照射中、照射後の各段階で肌表面を冷却するため、照射後もやけどのような傷は残らず、施術直後からすぐにメイクも可能です。

サーマクールCPT

 

 

 
03-5777-0038
受付時間10:00〜19:00 定休日:日曜祝日

 

ページのトップへ戻る