トップ > 美容医療用語集 > ロングパルスNd:YAGレーザー

美容医療用語

ロングパルスNd:YAGレーザー

Nd:YAGレーザーはヘモグロビン(血液の赤い色素)に吸収されやすい波長のレーザーです。

老人性血管腫(cherry angioma)や、赤い糸みみず状の毛細血管(毛細血管拡張症)を安全に壊して改善します。

レーザーに反応させる血管は異常に拡大・増殖しているものなので、消えても機能上問題ありません。

小さな血管は照射直後に消えてなくなります。

太い血管は2〜3回のくり返し治療が必要です。

2〜3mm程度の小さな老人性血管腫は、直後に色が黒ずみ縮小し、1〜2週間で少しずつ吸収されます。

照射数日後に小さな痂疲(かさぶた)になる場合もあり、1週間程度で脱落しピンク色の新しい皮膚が現れます。

大きなものは1度で取れませんので1〜2ヶ月後に追加照射が必要です。

治療回数はお肌の色や血管の太さ、腫瘍の形状により異なります。

ダウンタイムが少なく人気の治療法です。

<毛細血管拡張・毛細血管拡張症>

炎症のない持続的な毛細血管の拡張であり、線状、分岐状、網目状を呈する毛細血管をいいます。(拍動は触れません)

<血管腫>

血管が拡張、増殖することによってできる皮膚の良性腫瘍です。

加齢に伴って出現する老人性血管腫(cherry angioma)や生直後より見られる苺状血管腫、毛細血管の奇形による単純性血管腫などがあります。

Nd:YAGレーザー

 

 

 
03-5777-0038
受付時間10:00〜19:00 定休日:日曜祝日

 

ページのトップへ戻る