トップ > 美容医療用語集 > 大人のニキビ

美容医療用語

大人のニキビ

もともとニキビはティーンエイジから発生しはじめ、20歳後半には消失するのが普通でした。

ところが、近年の傾向として、30歳代になってもニキビに悩まされる女性が増えています。

もともとニキビは、過剰に分泌された皮脂が毛孔(毛包内)につまり、その圧力で毛孔が膨張してブツブツ(丘疹)ができます。これがニキビの初期段階で、面皰と呼ばれます。

さらに進行すると赤みを帯びたブツ(紅色丘疹型)になります。

この状態のニキビは尋常性挫創と呼ばれます。

また、皮膚を不潔にしていると化膿菌が増殖してブツの部分が化膿して膿を持ったニキビ(膿疱型)へと変化していきます。

10代の思春期ニキビは、この時期に始まる皮脂腺の発達によって皮脂の分泌が過剰になることが主な要因です。

主に額や鼻など「Tゾーン」を中心にできやすいです。

これに対して20代半ば以降に出来る大人のニキビは、主原因としてストレスや睡眠不足、不規則で不摂生な生活、食事内容の西洋化と偏り、さらに化粧品との間違った付き合い方などがあげられます。

これらの原因は、ホルモンバランスを乱し、皮脂を作る原料をどんどん供給することになります。

このタイプのニキビは、顎の線や首という「Uゾーン」に出来やすく、治りにくい傾向にあります。

また、ニキビだからよく洗って皮脂を取り除けばよいというのは間違いです。

大人のニキビの場合は肌が乾燥していることが多く、洗いすぎや擦りすぎがかえって肌をますます乾燥させ、ニキビの悪化につながります。

サリチル酸マクロゴールピーリング フラクショナルCO2レーザー

 

 

 
03-5777-0038
受付時間10:00〜19:00 定休日:日曜祝日

 

ページのトップへ戻る