トップ > 美容医療用語集 > にんにく注射

美容医療用語

にんにく注射

にんにく注射といっても、ニンニクそのものを注射するわけではありません。

疲労や倦怠感回復にとても有効で、即効性があるビタミンB1が主成分で、このビタミンB1の構成成分の中に含まれる硫化アリルがにんにくのような臭いがすることから、にんにく注射と呼ばれています。

ハードスケジュールに追われる芸能人や、体が資本のスポーツ選手に愛用者が急増していることがマスコミで取り上げられ有名になりました。

ビタミンB1は美しさや健康を保つ上で非常に重要な役割を果たしています。

具体的には、ビタミンB1は、摂取した糖質を分解し、体や脳が活動するのに必要なエネルギーに変える働きを助けます。

ビタミンB1が不足していると、糖質からエネルギーを取り出せないので疲れやすいばかりか、分解されなかった糖質はやがて脂肪になり、肥満につながってしまいます。

また、ビタミンB1は筋肉にたまる疲労物質である乳酸を除去する役割もありますので、不足していると疲れのたまりやすい体質になってしまうのです。

にんにく注射はビタミンB1の内服に比べ、血液に乗ってまんべんなく全身に行き届き、蓄積した乳酸を分解してくれます。

血行が良くなって新陳代謝が高まり、美肌効果も期待できます。

にんにく注射のビタミンB類は水溶性ですので摂取過剰、体内に蓄積することがなく過剰症の心配はありません。

逆にいうと、すぐに体外に排泄されやすいので定期的に十分補充しておく必要があります。

ニンニク注射

 

 

 
03-5777-0038
受付時間10:00〜19:00 定休日:日曜祝日

 

ページのトップへ戻る