トップ > 美容医療用語集 > 妊娠線・皮膚線状・線状皮膚萎縮・ストレッチマーク

美容医療用語

妊娠線・皮膚線状・線状皮膚萎縮・ストレッチマーク

妊娠線(にんしんせん)とは、妊娠6〜7ヶ月以降、腹部、大腿外側、臀部、乳房周囲の皮膚に出現する、わずかに陥凹し、萎縮した線状の跡のことです。

妊婦の40%以上に発症し、最初は赤紫色の線としてできますが、時間の経過とともに灰白色調になります。

別名ストレッチマーク、皮膚線条や線状皮膚萎縮ともよばれ、男女問わず思春期の成長が著しい場合や急激に太った場合、クッシング症候群や糖尿病、ステロイド内服治療の際にも出現します。

前述した状況下では、副腎皮質ホルモンの一種であるグルココルチコイドが様々な要因で増えており、真皮にある線維芽細胞の活性低下から、真皮のコラーゲン線維・弾性線維の産生が抑制されることにより、これらの結

合組織が減少し創傷治癒に支障が生じています。

そこに、妊娠や成長・肥満により、急に皮膚の過剰な伸びが加わると真皮の結合組織が壊れ、線状の萎縮(ストレッチマーク)となるのです。

残念ながら一度できてしまうと完全には元に戻すのが難しいです。

妊娠線の予防としては体重増加を+8kg程度に抑えると良いでしょう。

萎縮や陥凹が激しい場合は、フラクショナルレーザーなどにより肌表面を滑らかにすることで目立たなくする治療も行われていますが、医師の判断によります。

 

 

 
03-5777-0038
受付時間10:00〜19:00 定休日:日曜祝日

 

ページのトップへ戻る