トップ > 美容医療用語集 > クールスカルプティング(クルスカ)

美容医療用語

クールスカルプティング(クルスカ)

クールスカルプティングは、脂肪だけ4℃という高い温度で凍ることを応用し、脂肪をシャーベット状に冷やすことで、それ以外の組織にはダメージを与えることなく、余分な脂肪だけを減らすことができる最新の部分

痩せ治療で、FDAの承認を取得しています。

痛みや違和感などはほとんどなく、麻酔も不要です。

ハーバード大学の研究によると、シャーベット状になった脂肪細胞は、アポトーシス(不要となった細胞が自ら死滅すること)を起こし、2〜4ヶ月かけて徐々に体外へ排出されるとされています。

油は水より融点が低いことから、脂肪は他の組織に比べて高い温度で凍るという性質があります。

クールスカルプティングは、この性質を活かし、脂肪だけを冷やして他の組織にはダメージを与えにくい温度設定となっています。

また治療によって脂肪細胞の数が減少するため、リバウンドしにくいといわれています。

クールスカルプティング

 

 

 
03-5777-0038
受付時間10:00〜19:00 定休日:日曜祝日

 

ページのトップへ戻る