トップ > 美容医療用語集 > 高濃度ビタミンC点滴

美容医療用語

高濃度ビタミンC点滴

2005年、アメリカの公的機関・国立衛生研究所(NIH)の科学者が、「高濃度ビタミンC点滴は、がん細胞に対してだけ選択的に毒性として働く」と発表しました。

副作用がほとんどない「がん予防・抗がん作用」がアメリカFDAに認められ、2006年より急速に広まった注目の治療法です。

この点滴療法を受けている方に美白、美肌などの効果が見られたことから、 美容医療でも用いられるようになりました。

高濃度ビタミンC点滴は、サプリメントや内服薬では絶対に摂ることのできない大量のビタミンCを血液中に直接投与することで血中濃度を急激に上げ、抗がん作用のみならず、美肌・美白、アンチエイジングなどの美容効果、さまざまな疾患の予防や改善が期待できます。

同じビタミンCを摂る場合でもサプリメントなどで内服するのと、血管内に点滴するのとでは、およそ100倍の血中濃度の差があり点滴によるビタミンC摂取量は実にレモン1200個以上分に相当します。

高濃度ビタミンC点滴は、メラニンの生成を抑制することで、シミやくすみを改善し、美白・美肌に効果があります。

またコラーゲンをいくら食べても体内で増えるということは実証されていませんが、ビタミンCを高濃度で体内(血管内)にとりこむと、コラーゲン線維の増殖作用があることが実証されており、肌弾力を高め、しわ・たるみの予防にもつながります。

さらに、リンパ球の働きを高めることで免疫力を増強させ、ニキビ肌の改善や風邪やウイルスによる感染症を予防する効果もあります。

その他強い抗酸化作用により有害な活性酸素を除去し、全身の倦怠感や疲労の回復を早めます。高濃度ビタミンC点滴は様々な効果が期待できる治療です。

 

 

 
03-5777-0038
受付時間10:00〜19:00 定休日:日曜祝日

 

ページのトップへ戻る