トップ > 美容医療用語集 > 界面活性剤

美容医療用語

界面活性剤

そのままでは混ざり合わない2種類の液体の界面に働いている界面張力を弱め、濡れや表面積を拡げる作用を促す化学物質です。

界面活性剤は、同一の下顎構造の中に水になじみやすい部分(親水基)と油になじみやすい部分(親油基)を持っています。

この物質は界面に集まりやすい性質があり、界面の性質を著しく変化させます。

これを「界面活性物質」といい、化学工業的に合成したものが「合成界面活性剤」と呼ばれています。

一般的に界面活性剤といった場合は、おおむね合成界面活性剤を指します。

 

 

 
03-5777-0038
受付時間10:00〜19:00 定休日:日曜祝日

 

ページのトップへ戻る