トップ > 美容医療用語集 > 日焼け

美容医療用語

日焼け

日焼けは太陽光線に含まれるUVによって生じる症状の一つです。

日焼けは主にUVAによるサンタンとUVBによるサンバーンの2種類があります。

サンバーンとは、日光による火傷という意味です。

これからもわかるように、UVBは皮膚に対する刺激がUVAよりも強いのです。

そして、UVBが皮膚に及ぼす影響はUVAによって強められるといわれます。

紫外線による皮膚への働きかけは、

① メラニン色素が増えて濃くなること。

② 皮膚炎症を起こして赤くなること。

③ サンバーンセルが生じる。

④ 皮膚の乾燥。

⑤ 真皮にある繊維の切断や変化。UVAはたるみの発生に。

⑥ UVBはしわをつくるのにかかわっている。

⑦ 免疫機能の低下。

⑧ 細胞の核にある遺伝子に対する障害。

⑨ 活性酸素の発生などです。

紫外線によるトラブルの予防法肪としては、外出時は日傘や帽子によって直射日光を防ぎます。

また、日焼け止め化粧品を使用し、紫外線を肌表面で防ぐことも大切です。

 

 

 
03-5777-0038
受付時間10:00〜19:00 定休日:日曜祝日

 

ページのトップへ戻る