トップ > 美容医療用語集 > ビタミンE

美容医療用語

ビタミンE

ビタミンEは強い抗酸化作用を持つ脂溶性ビタミンの一つで、体内で発生する活性酸素から、体を守り老化を防ぎます。

また、悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを増やすことでコレステロールを減少させるなど生活習慣病の予防にも効果があり、「サビ止めのビタミン」「若返りのビタミン」とも言われています。

ビタミンEは高い活性酸素除去力(抗酸化力)により、シミ、くすみ、そばかすを出来にくくする効果があります。

ビタミンEはビタミンCと一緒に摂取すると、相乗効果で強い抗酸化作用を発揮します。

ビタミンCだけでなくビタミンEもしっかり摂ると血行が改善され肌の代謝が整うことで、メラニン色素を多く含んだ古い角質がスムースに脱落し、シミのない肌を得られます。

ビタミンEはアーモンドなどのナッツ類や、植物油に豊富に含まれています。

その他には、うなぎ、たらこをはじめとした魚介類、かぼちゃ、アボカドなどにも多く含まれています。

油と一緒に調理をすることでより吸収率が高まりますが、加熱や劣化でビタミンEが減少するため、新しい油を使うことが大切です。

また、ビタミンはEに溶ける脂溶性ビタミンのため、水洗いなどで失われる心配はありません。

脂溶性ビタミンの場合、過剰症が気になるところですが、ビタミンEは体内で吸収量がコントロールされるため、とり過ぎになる心配は少なく、積極的にとりたい栄養素のひとつです。

 

 

 
03-5777-0038
受付時間10:00〜19:00 定休日:日曜祝日

 

ページのトップへ戻る