トップ > 美容医療用語集 > ヒアルロニダーゼ

美容医療用語

ヒアルロニダーゼ

ヒアルロン酸を分子量の小さいオリゴ糖にまで分解する酵素です。

ヒアルロン酸は、酸性ムコ多糖類の主成分で、グルコサミンとグルクロン酸が繰り返し連なったポリマーです。

成人の皮膚にあるヒアルロン酸は、年齢と共に減少するといわれており、例えば、60歳の女性のヒアルロン酸の量は、赤ちゃんのほぼ1/4まで減少するとされています。

これは、恐らくヒアルロニダーゼによって分解されたためと考えられます。

ヒアルロン酸は1gあたり200〜500ml以上の水分を保持でき、真皮の結合組織ではヒアルロン酸1gあたり80~100mlくらいの水分が保持されているといわれています。

真皮にヒアルロン酸が多く存在する赤ちゃんの肌がみずみずしく、老人の肌が乾燥しているのは、皮脂の分泌量や角質細胞間脂質の減少もありますが、ヒアルロン酸の減少も主な原因の一つといえます。

ヒアルロン酸を分解する酵素であるヒアルロニダーゼの活性を阻害することにより、ヒアルロン酸の減少を抑制することが期待されます。

 

 

 
03-5777-0038
受付時間10:00〜19:00 定休日:日曜祝日

 

ページのトップへ戻る