トップ > 美容医療用語集 > HIFU(ハイフ)

美容医療用語

HIFU(ハイフ)

高密度焦点式超音波といいます。

HIFUの原理は、高エネルギーの超音波を人為的に発生させ、それを体内に集束する方法です。

「太陽の光をレンズで集めて一点だけを高温にする」と例えられる場合が多いです。

超音波が集束された点の温度は90度くらいまでになり、もともとは前立腺がんの治療機器として有名です。

高齢者にも使用でき、何度も繰り返し治療できることなどから、合併症のない画期的治療法と言われています。

1940年ころより、医療への応用が試みられていたが、臨床的に実用化されたのは1990年代になってから。

1993年より臨床試験がなされ、1996年に医療用具として承認をうけました。

現在では、美容にも応用され、HIFUでたるみ治療も行われております。

代表的なものは、FDA認可をうけている、「ウルセラリフト」があります。

ウルセラリフト スマスセラ

 

 

 
03-5777-0038
受付時間10:00〜19:00 定休日:日曜祝日

 

ページのトップへ戻る