トップ > 美容医療用語集 > ハイドロキノン

美容医療用語

ハイドロキノン

「お肌の漂白剤」とも言われる程、美白効果の強い成分です。

その効果は他の美白成分であるアルブチンやコウジ酸の100倍とも言われています。

日本では2001年の薬事法改正まで皮膚科の医師だけが取り扱っていましたが、薬事法の改正により一般の化粧品への配合が認められるようになりました。

ハイドロキノンの美白効果は5%程度で発揮されますが、厚生省に認可されている化粧品類はハイドロキノンの濃度が2%程度に抑えられており、2%以上の濃度のものが欲しい場合は医師の処方が必要になります。

ハイドロキノンは、シミの原因であるメラニン色素を合成するチロシナーゼの活性阻害作用とメラノサイトに対する細胞毒性により強い美白効果を発揮し、シミを薄くするだけでなく、これから出来るシミも予防する効果があります。

その他、肝斑や雀卵斑、炎症後の色素沈着にも有効です。

ハイドロキノンのみでは皮膚への浸透率が低いため、定期的なピーリングを行うことで浸透率がアップし、より効果が期待できます。

 

 

 
03-5777-0038
受付時間10:00〜19:00 定休日:日曜祝日

 

ページのトップへ戻る