トップ > 美容医療用語集 > 炎症後色素沈着

美容医療用語

炎症後色素沈着

にきび、虫刺され、かぶれ、アトピー性皮膚炎、やけど、外傷など、皮膚の炎症が発生した後、色素が沈着して起こるシミで年齢に関係なく発生します。

通常は炎症がおさまると徐々に自然消滅しますが、炎症部位においては古くなった角質のターンオーバーがうまくいかず、排出されるべきメラニンが肌表面に残り続け、シミとなります。

多くの場合は一過性で、炎症が続かなければ半年以内に消失しますが、刺激が繰り返されて真皮内にまでメラニンが落ちてしまった場合は長期間消えないこともあり、また紫外線を大量に浴びた場合、更に濃くなることがあります。

炎症後色素沈着は基本的に何もせず保湿を心掛けていれば自然に消失しますが、早く治したい方はビタミンC・ビタミンE・トラネキサム酸・ハイチオールの内服、ハイドロキノンやレチノイン酸の外用が有効です。

マルチフォレーシスプロ ルミキシル ハイドロキノン

 

 

 
03-5777-0038
受付時間10:00〜19:00 定休日:日曜祝日

 

ページのトップへ戻る