トップ > 美容医療用語集 > エラスチン(弾性線維)

美容医療用語

エラスチン(弾性線維)

エラスチンというたんぱく質からできている繊維なので、エラスチン繊維ともいいます。

エラスチンという言葉は、「弾性の」または「弾力のある」という意味の英語イラスティックから派生しています。

弾性繊維は、血管、腱、皮膚などのように伸縮性に富んだ組織、すなわち結合組織にあります。

橋かけ構造をもったたんぱく質で、真皮層にある弾力性のある繊維です。

弾力繊維は、網目状に走っている膠原(コラーゲン)繊維の網目の交わった部分に絡むような状態であります。

非常に弾力性に富み、伸び縮みのできる構造となっています。

エラスチン繊維は、骨格と筋肉との動きに応じて伸び縮みする靭帯や、血流に従って伸び縮みする大動脈壁に多く含まれています。

真皮に含まれるエラスチンタンパク質の量は、靭帯や大動脈壁に比べると少ないですが、重要な働きをしています。

もし、真皮にエラスチン繊維が無かったら、外力が加えられた際に皮膚が元の状態にもどる働きが著しく劣ったものになるでしょう。

サーマクールCPT エンディメッドプロ リファームST スカーレットS

 

 

 
03-5777-0038
受付時間10:00〜19:00 定休日:日曜祝日

 

ページのトップへ戻る