トップ > 美容医療用語集 > アスコルビン酸

美容医療用語

アスコルビン酸

ビタミンCの化学名です。

正式にはL-アスコルビン酸といいます。

アスコルビン酸の効能・効果の中で美容の面から見て関心が深いのは、まずは美白作用です。

活性酸素を無力化し、抗酸化作用によりチロシンの酸化を抑え、メラニン色素の増加によるシミを防ぐことができます。

次にコラーゲンやコンドロイチン硫酸などの形成を促してシワのないハリのある肌を保つことです。

また、鉄欠乏性貧血を改善する鉄分の吸収をよくしたり、酸化を防ぐために自分が酸化されて効力を失ったビタミンEをリサイクルして元の形に戻すなどの働きもします。

しかし、アスコルビン酸は、水溶性のビタミンなので、そのままでは皮膚から吸収または、浸透はしにくいです。

また、安定性が悪く、熱、空気(酸素)、アルカリによって徐々に壊れます。

そこで、ビタミンCに科学的な手を加え、安定型で皮膚から入りやすい型(アスコルビン酸誘導体)のものが開発されています。

マルチフォレーシスプロ

 

 

 
03-5777-0038
受付時間10:00〜19:00 定休日:日曜祝日

 

ページのトップへ戻る